訪問は2011年頃でしょうか。秋から冬で季節の変わり目だったと記憶します。

f:id:huyunoumi:20150106233539j:plain

見つけたときは胸が高鳴りました。

f:id:huyunoumi:20150106233543j:plain

すぐさま車を降りて潜入。

f:id:huyunoumi:20150106233541j:plain

f:id:huyunoumi:20150106233546j:plain

まだ人の気配があり、管理されているようです。

f:id:huyunoumi:20150106233540j:plain

f:id:huyunoumi:20150106233545j:plain

f:id:huyunoumi:20150106233547j:plain

f:id:huyunoumi:20150106233548j:plain

規模こそ大きくはないものの、弁柄色の炉や、陶石粉で白化した設備が美しい鉱山施設です。

f:id:huyunoumi:20150106233535j:plain

敷地目一杯に詰め込まれた構造物ひとつひとつがいとおしいです。

 無許可ですので詳細は書きません。仮に見つけても、是非そっとしておいていただきたいです。