f:id:sublimelife:20161115224506j:plain

オーガニック(organic)とは、一般的には「有機」と同義で、“有機的な”“有機の”“本質的な”のように用いられます。

私たちの生活に目を向けると、「オーガニック食材」「オーガニック化粧品」「オーガニックコットン」など、生活に密着した様々な分野での原材料の区分として、“安心・安全・高品質”であることの代名詞として広く認知されています。

では、“オーガニックなもの”とはどういったものなのでしょうか。

オーガニック製品の原料となる有機農産物やオーガニック食品と、日本でも人気の高いオーガニックコスメを中心に、世界のオーガニック認定機関や認定基準を調べてみました。

世界のオーガニック事情

アメリカのオーガニックの定義

f:id:sublimelife:20161107115315j:plain

1990年台のロハス(LOHAS)というライフスタイルから派生し、現在のオーガニックブームを作ったのがアメリカです。90年代以前は食品を中心にジャンクなイメージのあったアメリカですが、発信力の高いハリウッドセレブなどがこぞってライフスタイルにオーガニックを取り入れ、マーケットも拡大の一途を辿っています。

続きはこちらの記事で

cosmetic.hatenablog.jp

ヨーロッパのオーガニックの定義

f:id:sublimelife:20161107170631j:plain

アメリカと並ぶオーガニック市場の規模を誇るEUでは、有機栽培や有機加工食品などのオーガニック製品をBio(ビオ)と規定し、厳しい基準の認証を設けています。

続きはこちらの記事で

cosmetic.hatenablog.jp

ドイツのオーガニックの定義

f:id:sublimelife:20161107173314j:plain

オーガニックの基準が厳しいヨーロッパの中でも、最大のオーガニック大国がドイツです。オーガニック食品の市場では、米国に次ぐ第二位の売上高となっています。普通のスーパーなどでもオーガニック食品の取り扱いが増えており、オーガニックスーパーの店舗数も年々増加しています。

続きはこちらの記事で

cosmetic.hatenablog.jp

フランスのオーガニックの定義

f:id:sublimelife:20161107175731j:plain

パリをはじめとしたおしゃれな町並みや芸術の印象が強いフランスですが、並んで有名なのが、「美食の国」であること。こってりとしたイメージの強いフランス料理ですが、近年は健康志向の高まりを受けて、オーガニックな食材が増えています。日本のイオンとフランスのオーガニックスーパーチェーン「Bio c’ Bon社(ビオセボン)」が合弁会社ビオセボン・ジャポンを設立したニュースも、感度の高い人なら目にしたかもしれません。この「Bio c’ Bon」は、パリ市内だけで90店舗も展開しており、他にもさまざまなBioスーパーやオーガニックショップでオーガニック製品を手にすることができます。
また、シンプルで価値のある物だけを消費するスタイルが女性や富裕層を中心に広がりを見せており、コスメやファッションにおいても、オーガニックの需要は高まり続けています。
さらに、フランス政府は有機農業の推進・支援を目的に2017年までにオーガニック農地を2倍に増やす施策「Ambition Bio 2017」を発表するなど、フランスはアメリカ、ドイツに続き世界第3位のオーガニック市場となっています。

続きはこちらの記事で

cosmetic.hatenablog.jp

日本のオーガニックの定義

f:id:sublimelife:20161110224221j:plain

日本のオーガニックの現状は、アメリカやドイツ、フランスといった先進国と比較すると、まだまだ特殊な市場であるといえます。オーガニック製品の原料となる有機農産物については、後述する有機JASという規格が始まりましたが、有機野菜やオーガニック食品などは一般的なスーパーなどでの取り扱いはごくわずかで、高級スーパーと言われる店舗や専門ショップに行かないと手に入らないというのが現状です。また、価格も高く、比較的、富裕層だけのものだというのが実情です。オーガニックコスメについても、実店舗での流通はごくわずかで、大手メーカーのコスメしか使ったことがないという人が大多数でしょう。規格もまだまだ整備途中です。これからのマーケットの拡大と、安価のオーガニック製品の流通が待ち望まれます。

続きはこちらの記事で

cosmetic.hatenablog.jp